• ホーム
  • WEBサイトの順位チェックに役立つGRC

WEBサイトの順位チェックに役立つGRC

ここまでSEOのことについて色々と話してきましたが、実際に自分の記事がどれくらいの順位なのかわからないと意味がありません。そこで必要になるのがGRCです。
このGRCというのはSEOの検索順位チェックツールのことをいいます。これは同種のツールの中でも歴史が長く、10年以上も前から使われており多くの人や企業が利用しています。
このツールは複数のサイト、検索後に関してYahoo、Bing、Googleでのそれぞれの順位やキーワードを自動で表示してくれます。また定点観測用のグラフなどの機能も付いているため毎日の変動を見ることが可能です。このGRCには無料版1種と有料版5種がありそれぞれ異なる機能が付いています。

無料版は登録しなくても使うことができます。まず無料版はURLが3個までで、検索語数は20個、上位100のうち2位までを知ることができます。次にベーシックです。こちらはURLが5個、検索語数は500個、上位100のうち5までを表示してくれます。また期間は一年間で料金は年に4860円です。
次がスタンダードでURL50個、検索語数が5000個、上位100のうち50までを表示してくれます。期間は同じく一年で料金は年に9720円です。ほかにエキスパートやプロ、アルティメットがあります。アルティメットは全てが無制限で、料金は年に24300円です。このように有料パックでは無料とは比べ物にならないくらいの量をYahoo、Bing、Googleそれぞれの順位やキーワードを調べることができます。

また有料版では無料のグラフだけでなく、ほかにもさまざまなものが追加されるため用途に合わせて使い分けることが可能です。またGRCはSEOの順位を調べるだけでなく社内のリスク管理を自動で行うこともできます。例えば子会社などを抱えた企業の場合は、子会社にリスク調査票に記載してもらうことで車社内の不満やリスクを一括で管理することが可能です。さらにグラフ化などをする事でどのような意見が多いのかを簡単に見ることができます。登録自体も簡単にできるため社員全員に登録してもらえば、毎日の社員の生活の中での不満や職場に対する不満がわかり、より働きやすい環境にすることが可能です。
このようにGRCはSEOの検索順位を調べる上で、ほかのツールよりも歴史や安全性、使いやすさが優れており、企業のリスク管理なども行ってくれるため、個人だけでなく企業でも利用することができます。

関連記事