• ホーム
  • SEOの基本である内部対策と外部対策を抑える

SEOの基本である内部対策と外部対策を抑える

パソコンを見ている男性

アフィリエイトというコンテンツを利用する上で必要になってくるものにSEOというものがあります。このSEOというのは検索エンジン最適化と呼ばれているもので、検索エンジンにおいて特定のサイトを上位に表示させるようにウェブサイトの構成を調整することを言います。
検索エンジン対策やサーチエンジン最適化とも呼ばれています。このリッチリザルドを使うことで自分のサイトのリンクが検索結果の上の方に表示されるようになり、その分閲覧する人が多くなり、バナーを押してもらえる機会が増えます。しかしこのようにリンクを表示させるには大きく分けて2つの対策リッチリザルドがあります。

まず1つはアフィリエイトSEOです。これはGoogleなどの検索エンジンがページの順位を決定するために使っている200以上のシグナルをページやサイト上に乗せ、自分の記事が上にくるようにするリッチリザルドです。ここで大切なのがどの検索エンジンのシグナルを重視するかなのですが、日本の場合はGoogleを意識していれば問題ありません。
なぜならほかの大手検索エンジンもGoogleの規格を利用しているところが増えたため、Googleに向けた対応をすることでほかの対応にもなるからです。

では具体的にアフィリエイトを対策するにはどうすればいいのかというと、タイトルタグやメタディスクリプション、リッチスニペットタグなどの要素の中にいくつかのシグナルを入れるのが基本です。しかし最近では規制が進み、あまり多く入れすぎるとコンピュータがスパム報告をしてしまいます。
だから適度な数を入れることが必要になってきます。

また自分のアフィリエイトSEOが報告対象になるかどうか不安な人はそれを判断することができるアプリがあるので、そちらを使うことをお勧めします。次に外部SEOについてです。こちらはアフィリエイトに比べると要素が少ないため、比較的簡単です。具体的な手順としては外部リンクから質の高いサイトを探し、それのバックリンクを獲得するだけです。
あとは関連するテーマで質の高いものをコンピュータが判断し、優先順位をつけます。このようにSEOにこだわることでより閲覧数を増やすことができ、収入を安定させることができます。
ですがいくらSEOを完璧にしてもコンテンツ自体が魅力のないものであれば、人はあまり来なくなります。ですからSEOはあくまで補助的な機能であり、本質はサイトの魅力であるということを忘れないようにしてください。そうすることでより長い間収入を得ることができます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索