• ホーム
  • アフィリエイトで知っておかなければならないルール

アフィリエイトで知っておかなければならないルール

アフィリエイトにはルールがあり、近年ではそのルールはより厳しくなっています。そのためしっかりとルールを把握していないとお金を稼ぐどころか罰金を支払わなければいけなくなったりもします。そうならないためにも基本的なルールをいくつかお教えします。まず1つは薬事法違反です。
これは日本で販売を禁止されている薬や麻薬などの危険物などを商品紹介などで紹介してしまうなどがあります。これらはわかりやすいため、常識が備わっている人であれば法律に触れることがわかり避けることが可能です。
しかし危険なのはダイエット効果があると謳っている商品などです。これらは一見普通のものに見えますが、中の成分にロングテールな薬品が使われていたりします。
その場合たとえ書いた本人がそのことを知らなくてもその記事はランキングを落とされたり、ひどければ削除になってしまいます。

またそういった記事を投稿したことが広まれば信頼も失ってしまいます。だから記事を書く前に口コミなどを調べておくことが大切です。この薬事法違反に該当するのは医薬品や化粧品、医療機器などがあります。特に化粧品などは医薬品という認識が薄いため多くの人が禁止事項であると知らずに商品紹介をしてしまいます。また禁止事項の中の1つに著作権違反があります。これは記事などを書く際にコピペをしたりするとロングテールと見なされることがあります。
こちらも法律で禁じられていることなので、処罰は重くなります。また著作権は写真や絵などにも適応されるため、記事の中でそういったものを扱う場合はしっかりと許可を取る必要があります。またフリーの素材を利用するのも手です。もしこのようなルールを守らずに投稿してしまった場合、まず作成者に行政から行政指導というものが行われます。
これは作成者に何か違反行為があるという旨を伝えるメールが送られてきます。ここで記事を修正すれば特にそれ以上のお咎めはありません。しかしそれを無視した場合その記事は削除され、場合によっては全ての記事が削除されます。それでも投稿をやめない場合は警察が来て罰金の支払い、もしくは署まで連れて行かれます。
ですが1度くらいのミスであれば修正すれば許してもらえるので、もし何かミスをしても焦らずに記事を主催すれば大丈夫です。
このような基礎的な情報をしっかりと知っておくことで、問題を起こすことなく安定して収入を得ることができます。この基礎ができるかどうかというのはアフィリエイトにおいて意外と大切なので忘れないでください。

関連記事